4つの事業

助葬事業の運営

当会は、社会福祉法人として、社会福祉法に基づき、第一種社会福祉事業の助葬事業(被保護者、行旅死亡人又は生計困難者の方の葬儀)を行っている全国でも数少ない社会福祉団体です。また、助葬事業は当会設立以来90余年の歴史を有し、平成24年度は、約2,800件を施行しております。

さらに詳しく

葬祭(公益)事業の運営

当会は、社会福祉法に基づく公益事業としての葬祭事業を行っています。
昭和24年、厚生省のご推薦により、国家公務員共済組合連合会(当時の国家公務員非現業共済組合連合会)から葬祭業務を委託され、約50年間にわたり同連合会の組合員の葬儀を施行してまいりました。また、平成24年度は、個人会友、団体会友、国家公務員の葬儀を約1,600件施行しております。

納骨堂の運営

納骨堂(聖恩山霊園)のある土地は、生計困難な方々のご遺骨を預かりするようにと、大正10年8月に宮内省(現・宮内庁)より当会に御下賜されたものです。納骨堂(聖恩山霊園)では大正15年以来、福祉事務所長等から委託を受けたご遺骨約28,000柱をお預かりしております。また、平成11年9月には、埼玉県入間郡毛呂山町に第二聖恩山霊園を建立しております。

さらに詳しく

特別養護老人ホームの運営

これからの超高齢化社会に向けて、特別養護老人ホームの整備は国、東京都、特別区をあげての緊急課題であることをふまえ、当会の社会福祉事業を拡大して、平成12年4月、練馬区高松に特別養護老人ホーム「練馬高松園」(利用者定員55名)を開設し、地域社会に貢献する活動を展開しております。また、平成15年10月には、練馬高松園を増築し、新館が竣工しました。利用者定員が42名増員され、97名になっております。
さらに、平成19年10月ユニットケアによる新しいサービス方式による「第2練馬高松園」(利用者定員62名)を開設いたしました。

さらに詳しく

Copyright (c)2009 東京福祉会, All rights reserved.

お問い合わせはこちら 資料請求はこちら