葬儀のマナー

通夜振る舞いをすすめられたら

通夜振る舞いをすすめられたら、ひと口でも箸をつけるのが礼儀です。ただしお酒はほどほどにし、長居は避けます。

通夜や葬儀・告別式に参列できない場合は

あらかじめ不幸をしっていても都合により参列できない場合は、代理人をたてるか弔電を打ちます。
後日弔問する場合は、一段落した頃に出向くのがよいでしょう。
香典を郵送する場合は、お悔やみの手紙を添えて香典袋を現金書留またはマネーレタックスで送ります。

通夜の挨拶例はこちら

Copyright (c)2009 東京福祉会, All rights reserved.

お問い合わせはこちら 資料請求はこちら